COAPLUS - コアプラス

WORKS/BLOGワークス/ブログ

2015年10月31日
奈良県より トヨタ アリスト カロッツェリアPRSシリーズ フロント3Way化 オーディオシステムアップ

トヨタ アリスト様へオーディオインストールをご用命頂きましたのでご紹介致します。

f8348a69

カロッツェリアの高音質CDデッキDEH-P01をヘッドユニットとし、6chの内蔵アンプ出力をフル活用してフロント3Way化。

IMG_4962

元々は同じくカロッツェリアのCシリーズを使用しておりましたが、カーオーディオで良い音を聴くことに大きな感動や楽しみを感じて頂き、より良い音で楽しみたいという気持ちに精一杯答えさせて頂きました。

15dd011a

高域はトゥイーター、中高域はスコーカー、低域はウーファー(ミッドベース)と各帯域により特化した再生を可能にすることで高音質化を図っております。

トゥイーターとスコーカーはサイドミラー裏とピラーに埋め込み取付しています。スピーカーには指向性があり音を受け取れる範囲がある程度決まっており、見た目だけでなく音質に大きく影響するので、デジタル調整の有無に関わらず、ハイエンド~ローエンドに関わらず、トゥイーターと3Wayであればスコーカーをリスニングポジションに向けて取付けるだけでも非常に大きな効果を得ることができます。

fef43a38

ウーファー(ミッドベース)はアウター加工することで、今まで内張りのスピーカーグリル内に入っていたスピーカーを表に出しています。

中域から低域まで再生するウーファーですが、低域の音は特に波長が大きいため、純正内張りのスピーカーグリルを通過してこない音が発生してしまいます。

また、スピーカーが表に出てくる分、裏のスペースが確保されるのでスピーカーの制動もより良くなり、スピーカー本来の性能を発揮することができます。

アウター加工はスピーカー周りのデザインも楽しみの一つです。最近では純正ライクなデザインを好まれる方が多いように思うのですが、

大掛かりな加工ではありますが、後付感のない純正デザインに馴染む仕上がりにしています。スピーカーリングイルミネーションなどの装飾で遊び心を加えることもできますので、打ち合わせの際にお好みの仕様をお伝えください。

スピーカーの埋め込み、アウター加工などオーディオインストールのことなら、奈良県にありますライズオーディオビジュアルにお任せください。

製品情報
デジタルインナーミラー
エアロパーツ
カメラシリーズ
AVインターフェイス
TV/DVDキャンセラー
フォグアタッチメント
キーロック連動ミラー格納ユニット
LEDバルブ
C-GATE インテリアライティングシリーズ゙
ドリンクホルダーイルミネーション
サービス
COAPLUSとは
商品企画・製造
店舗情報
COAPLUS大阪
COAPLUS奈良
FOCAL PLUG&PLAY心斎橋
カスタマイズ事例/ブログ
カスタマイズ事例
ブログ
会社情報
経営理念
会社概要
採用情報
vertical_align_top